連邦の新兵器

刻々と勢力を増す中華圏。西側諸国はその驚異を肌で感じつつも、その巨大な経済市場と自国との地理的な距離があることを理由に積極的な介入を避け続けた。

これにより、中華圏の勢力はいやがうえにも増大。隣接コロニーである”Hinomoto”への侵略計画を実行に移す。

UC0079。それがすべての始まりだった。


という冗談は置いておいて。

自衛隊技科研シンポに盛り込まれていた”ガンダム”の製造

まあRX-78-2の展示やZガンダムの量産にはすでに成功していますが、実戦配備はまだでしたから(ぉぃ
実際のところキネティック弾頭のことだと思ってたんですよ。

※キネティック弾頭
上下左右前後に噴射口を持つ特殊弾頭。自律制御と姿勢制御を噴射調整によって行い、空中静止、水平・前後移動を行える特殊弾頭。
自衛隊のキネティック弾頭は主に対ICBMとして、高空で静止状態で待ち受け、ICBMの軌道上に自律移動し、ミサイル弾頭に体当たりをして高空で敵ミサイルを防衛するシールド的な位置づけの弾頭。
現在鋭意開発中。レーザーを発射できないファンネルみたいなもんである。

その正体が判明。

いやいやいやいやいやいやいやいや。

どこがガンダムなんだよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
まあ兵器として考えると二足歩行系のロボットってのは実用性がとっても低い。
ガンダムはそのあたり、ミノフスキー粒子の存在によって有視界戦闘が必要となると説明してますが、それでも二足歩行である必要はあんまないんですよね。

とりあえず例のスコープドッグに動力と関節組み込んでやってくれよ、科技研wwwwwww

連邦の新兵器” への0件のコメント

  1. ちょいと一本のつもりで打って~何時の間にやら中毒に~。
    ヒロポンコカインマリファナ大麻 これじゃ体にイイわけないよ。わかっちゃいるけどやめられない
    ってか~
    今治療の為に、モルヒネと筋弛緩剤使っていますが何か?
    え?ぶっちゃけすぎだって?w気にしたら負けです(ぉ
    で、だぁ~れが中学生だって~?www

  2. モルヒネは正しく利用する場合は中毒症状は出ない。
    WHOの勧告を守って運用する限り、問題はない麻酔・鎮痛薬。
    むしろモルヒネから中毒成分を高めたヘロインが容易に生成できることが問題で、それゆえに管理されてると言ってもいい。植物由来のなかでは最も強力な効果と中毒性を誇る。さらっと流してるけどダウナーとしては強力な部類。
    まあモルヒネも濫用すれば中毒を起こすが、正しく使う限り、危険な薬物じゃない。
    神経に作用する系は基本的にどれも中毒性は大なり小なりあるもんだしねー。
    しかし鎮痛にモルヒネとは結構大変そうだなおまいw
    ひどい怪我でもしたか。手術痕いじらせねーためだろ、弛緩剤は。

  3. 首の第6~7にかけてヘルニアがあると診断されたのさ。
    それにしても鎮痛剤は昔1日2回迄、6時間以上感覚を必ず開けて下さいと言われたものだが、毎食後飲めと言われている。
    弛緩剤は、ヘルニアが及ぼす影響がある部位の筋肉の緊張を和らげる為だとか(’’
    どっちみち両方併用している為、まともに仕事が出来ませんよ・・・眠すぎてf(^-^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です